ツヤ肌は作り込み。

20代前半まではマットな肌が大人っぽい気がしていたのに、30歳の現在は透明感重視のファンデーション選びと基礎化粧品選びに変わってきました。
まず洗顔後、化粧水のあと乳液をしたら日焼け止めクリームを塗る。その後下地を塗る。つや肌が好きなのでリキッドタイプを伸ばして、100均で購入した大量に入っているスポンジで均一に伸ばす。最後にフェイスパウダーで押さえたら、透明感ばっちりのつや肌になる。外出時は、下地効果でフェイスパウダーのみつけ直せばいいのでヨレない。
マットタイプだと、乾燥肌になっているときは粉をふくのだが、ツヤ肌タイプだと薄づきでカバーがしっかりなのでちょっとした小じわもカバー出来るすぐれものだ。
母がずっとパウダーファンデーションのみでマットタイプを使っていたが、私がツヤ肌タイプのファンデーションを美容部員の友人に勧められて使用しだしてから真似されているが、シミのカバーはコンシーラーがいるけれど断然よくなりました。

ツヤ肌をつくる時は、やはりかなり作り込まないとだめですね!

私は普段はナチュラルメイクだけど、その時に使っているのは、簡単1ステップの、「ビューティフルスキン」

これはメイク落としも下地も要らないという簡単メイク。

でも仕上がりがやたらときれいなので、あまり作り込まないようなファッションのときはこんなメイクをしています。

ビューティフルスキン使い方